1.              トップ
  2. 有効性試験メニュー
  3. 角層水分量の測定方法

▷トップ◁

 

角層水分量測定評価試験

角層水分量測定評価試験

角層水分量測定

角層水分量測定健康的な肌は水分を角質層にたくさん蓄えており、みずみずしく潤った状態になっています。潤いのある肌は、柔らかく滑らかで美しく見えます。一方、水分が足りず乾燥した肌は、触れるとガサガサして弾力もありません。このように、角質層に含まれる水分は肌の柔らかさを保つのに大きな役割を担っています。また、水分が不足すると肌を守る力が弱くなり、痒みやシミ、シワなど様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。
肌を美しくするためには、角質層にたくさんの水分を含んでいることがとても重要になります。そのため、スキンケア化粧品には高い保湿効果が求められています。角層水分量測定では、角層水分の経時的な変化を測定し、スキンケアの基本である保湿効果を評価することができます。

試験概要

短期試験

洗浄前、洗浄後、試料塗布後における角層水分量を経時的に測定することにより、試料の保湿効果の評価を行います。この試験を利用することにより、化粧品の保湿効果の持続時間を調べることができます。


長期試験

測定部位に試料を1日2回、4週間洗顔後に連用塗布します。連用開始前、連用後に角層水分量を測定することにより、被験物質の保湿効果の評価を行います。この試験を利用することにより、化粧品を長期使用したことによる肌の保湿機能改善の程度を調べることができます。

角層水分量測定

測定例

角層水分量測定

サンプル:当社製造品(化粧水)

角層水分量測定試験が対応できる理想肌、肌悩み、訴求
 ・保湿|潤いのある肌、潤い持続、バリア機能の高い肌、乾燥肌の改善                   »»
 ・潤い・保湿で抗老化(ハリ・弾力があり、シワができにくい肌)                     »»
 ・滑らか・ふっくら肌理(キメ)・キメ乱れ、毛穴の開き・黒ずみ・たるみ・角栓・ポルフィリン       »»
 ・肌状態の改善|化粧品の使用(単回/連用)・食事等による保湿潤いアップ                »»





試験メニューヒト試験に戻る »»